ソーシャルネットワークがWebマーケティングに最適

炎上したのを見るとシビアなのかも

炎上という言葉は、もともと芸能人のブログなどがその始まりのように思うのですが、最近ではツイッターやフェイスブックといったSNSでも度々見かける光景になってきました。さらには、炎上となるきっかけはテレビや雑誌からの情報が元が多いせいか、芸能人をターゲットにしたケースが多かったのですが、最近では企業や一般の人でも起こるようになってきました。こうした光景を見ると、炎上になる原因となるのは、奇抜な発言や行動などによって生じることが多く、シビアに分析してみるとなるべくしてなったというケースも多々あります。こうした事例は企業にとっても対岸の火事とは言い切れず、SNSをWebマーケティング戦略の一つとして取り入れている企業も多いことから、十分に注意する必要があります。特にWebマーケティングを担当している責任者は、このことをしっかりと認識しながらSNSの運営をしていくことで、責任者だけにとどまらず、会社の信用を守るという意味でも大切になってくるといえます。